印鑑は使う人の顔と言えるものです

印鑑は、使う人の顔と言ってもよいほどに大切なもので、三文判といえども大切に扱う事が大切なものです。書類には印鑑を押す部分が多い物ですが、三文判を使用しても良いような書類でも、きちんと目を通し、記入している事柄の一つ一つに納得のゆくまで確認することが重要と言えるものです。

まして自分が承認したという証明でもある印鑑を安易に捺印することはとても危険な事であるもので、書類の種類によっては、捺印したことにより、全責任を負う羽目にもなりかねないものです。印鑑と言う物は、それほどの重要な価値のあるものである為に、自分自身の物作る時には、安易に制作せずに、愛着の持てる質の良いものを求めることが、印鑑が特別なものであるという気持ちを深めることにもなるものです。

価格的に安い印鑑は、使用される文字もパソコンの印鑑の文字専用のソフトを使用して作られることが多い為に、個性のない日本中のどこで購入しても同じという物が出来上がるものです。印鑑は持つ人の個性を生かすことで、一生愛着を感じ大切に使用できる物でもあります。

世界で一つしか作ることのできない手作りの印鑑はとても価値観の高いものです。

さまざまな印鑑