「実印」と「普通の印鑑」の違い

日本人であれば日常的に、「はんこ」と呼ばれる印鑑を色々と使う場面があると思います。「宅配便などを受け取るときの認印」「銀行での手続きに利用する銀行印」が一般的に利用する印鑑です。その一般的な印鑑の一番上にランキングする印鑑があります。

この印鑑は見た目では、苗字の印鑑が銀行員や認印でフルネームの印鑑が実印と呼ばれる感覚はあります。ただ、フルネームでも苗字のみの印鑑でもどちらも利用する事は可能です。(安全性の問題はありますが。)これは市役所に事前に印鑑登録という手続きを行きます。

この印鑑登録の手続きを行い、公的に認められた印鑑を「実印」が実印になります。

なので、住宅など大きな買物をする場合の手続きで「実印」が必要な場合、市役所が発行する「印鑑登録」の書類を発行してもらい、提出書類とペアで初めて効力が発揮できます。このように、実印を使う機会というのは頻繁にはないですが、人生の大きな岐路に立ったときの重要な場面で押す重要な印鑑であります。

さまざまな印鑑