印鑑の存在

私たちは社会の中で、何事も契約書や誓約書などの書類で管理されており、この書類には、必ず「印鑑」が必要となります。このことで自身を承認あるいは、証明されているのです。
この印鑑を残すために必要となるのが、印章であり、通称ハンコと呼ばれるものです。
現在、ハンコ自体は100円ショップなどの身近な店頭などでお手頃価格にて購入することが可能です。しかし、お手頃な価格で購入できるハンコは、機械で大量生産されているハンコです。つまり、同じ印鑑が大量に世の中に出回っているということになります。
昔は、職人の手でひとつひとつが手作りされていたため、世の中に同じ印鑑が存在しないというというのがハンコの常識でした。
しかし、現代では、時間や金銭面でのコストから機械生産が主流になってしまい、ハンコ職人が減少してきてしまいました。大量生産が可能になったいま、問題が発生しています。その問題は何かというと、印鑑の「偽造問題」です。
日本では、印鑑証明という独特の身分証明を行う法律があります。この印鑑証明というのは、地方自治体に自身の印鑑を届け出て登録を行い、自身の印鑑であるという証明を行うものです。これは、韓国などでも行われていますが今後、廃止予定となっています。
ここまで印鑑を重要視している日本ですが、大量生産されているハンコでは同じ印鑑が作られてしまいます。もちろん、同じ印鑑があるということは容易に他人になりすまし、押印ができてしまうのです。
このような偽造に巻き込まれないためにも印鑑の選び方、および保管方法には注意が必要です。